旧下関英国領事館

現存する最古の領事館

Csihiro Hatanaka   によって

旧下関英国領事館は、1906年に建てられた現存する最古の領事館建築物です。領事館は赤煉瓦造りになっており、本館と附属屋の2棟から構成されています。

本館1階は領事室などの執務空間として、2階は海事監督官の住居として1941年まで使用されていました。現在は1階が無料で見学できるほか、2階にオープンしたカフェ・バーで英国式のティータイムを楽しむこともできます。本館横の附属屋は、厨房、使用人の部屋、石炭庫および便所として使用された平屋建の建物です。現在はギャラリーとして使われており、展示会などが行われています。また、ピーターラビットが下関と英国の懸け橋として公式キャラクターとなっており、領事館内のあちこちにはピーターラビットのキャラクター達が隠れています。本館1階のショップ内にもピーターラビットや英国にまつわるグッズが揃っていますよ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Csihiro Hatanaka

Csihiro Hatanaka @u36062

Regional Licensed Guide Interpreter(Chinese language) of 7 cities in Yamaguchi and Shimane Prefecture.Born in Mie, and live in Yamaguchi for 5 years.After graduating from National Yamaguchi University, moved to Taiwan and Vietnam taught Japanese language for 2.5 years.Hope to share good information for you!