新緑の平泉中尊寺

芭蕉翁も涙を流した悲劇の舞台

Masayoshi Hirose   によって

”夏草や 兵どもが 夢の跡”

夏草の茂るこの地で兵士たちは壮絶な戦いを繰り広げ、夢を見つづけた舞台。江戸時代の俳人芭蕉、奥の細道の折り返し地点である平泉。さすがの俳聖もこの地を訪れた際、涙を流したらしい。松尾芭蕉をして惹きつけた平泉、そして奥州藤原氏が築き上げた中尊寺の夢の跡をどうしてもこの眼で観たくなって、夏草の同時期、6月に訪れた。静寂の境内、涼風がそよぎ青葉が陽光にキラキラと輝く。夏草が生い茂るとまでは行かないが、翠の絨毯のように滑らかに敷き詰まっていた。その中にひっそりと建つ堂宇、どの建物も当時の面影を遺し、時の流れをしっかりと刻み付けている。義経と歌人西行の足跡をたどり、時刻が移るまで流したという松尾芭蕉の涙の意味が少しだけ判ったような気がした。

行き方

中尊寺参拝・アクセス

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

2
4
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @masayoshi.hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Ehime. About ten years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は愛媛県在住  約10年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。偶然行き合わせた千載一隅のような日本らしい土地柄、そしてたとえ観光地であってもあまり知られていないような隠れたスポットなどを中心に紹介したい。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。