金沢 兼六園 2

栄螺山~瓢池

Lily Taki   によって

兼六園には、「栄螺山(さざえやま)」と呼ばれる小高い山があります。13代藩主である斉泰公によって、霞ヶ池を掘り広げた時の土を利用して造られた築山です。

高さが約9m、周囲は90m程で、時計回りに上っていくと頂上から兼六園の景色が眺望出来ます。頂上への道は緩やかなので、気軽に上ることが出来ます。また頂上には小亭があり、傘を広げた形のようであることから避雨亭と呼ばれています。栄螺山も、別名「からかさ山」の愛称で親しまれています。

栄螺山を後にして先に進むと、「瓢池(ひさごいけ)」が見えてきます。兼六園の作庭は、この辺りから始まったと伝えられています。小さな滝が流れていて、風情ある落ち着いた雰囲気が漂っています。

<兼六園シリーズ>

(注:兼六園は2020年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業しております。再開時期については公式ホームページをご参照ください。)

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Lily Taki

Lily Taki @u42574

Hello. My name is Lily. I love traveling not in Japan but also around the world! I grew up in Kanagawa prefecture.My hobby is to climb the mountains with my friends and do some outdoor sports such as scuba diving. I introduce you my favorite places here in Japan Travel!