横浜 聘珍楼

日本最古の本格中華料理店

Tomoko Kamishima   2014/09/09によって

横浜中華街の中で、聘珍楼(へいちんろう)と萬珍樓(まんちんろう)は、最大、最高級のレストランとして肩を並べています。聘珍楼は中華街大通りの中ほど、萬珍樓は善隣門から中華街大通りに入ってすぐ左手です。ともに素材の味を生かした広東料理を中心に、創作料理を加えているところも共通しています。聘珍楼は創業120年、萬珍樓は110年と、横浜中華街の顔として、長年暖簾を守り続けた老舗です。

聘珍楼の料理

コース料理は、予算に合わせて5,000円台から。お正月などの特別な時期は、50,000円を超えるものまで、フレキシブルに応じてくれます。ほとんどのコースは、アワビ、クラゲ、エビなどの前菜から始まり、フカヒレのスープ、煮込み料理、炒め物、蒸し物などが続き、チャーハンか焼きそば、そしてデザートまで、6-9品が用意されます。私のお気に入りは、ホタテ貝の炒め物、海老のチリソース、東坡肉(トンポーロー)、牛肉とピーマンの炒めなど。強すぎない味付けに、香辛料が上品に解け合い、洗練された品々だと思います。杏仁豆腐は、シンプルですがとろけるような舌触りでとてもおいしいです。

サービス

店の前には、よく手入れされた美しい笹竹がそよいでいます。エントランスで重いコートと帽子を預けたら、案内に従って奥の部屋に進みましょう。手前のテーブルは軽食を注文する場合の席です。モダンチャイニーズの内装は、明るく軽快なイメージです。また他のテーブルとの距離が適度に離れているので、とても心地よく過ごせます。店の中は静かで、中華街大通りの喧噪が嘘のようです。洗練された料理を味わいながら、ゆったりと過ごすひとときに、心がほどけていくのを感じます。

パーティーが入っていることがありますので、静かな席に案内してもらうためには、予約をしておいたほうがいいでしょう。なお、聘珍楼では、2010(平成22)年から「シニア シティズン レスペクト プログラム」というユニークなサービスを実施しています。65才以上の人が含まれる10人以下のグループには、飲食代から7%がサービスしてもらえます。該当する方は、年齢確認できるものを持参して来店しましょう。

Sario:聘珍茶寮

聘珍楼の姉妹店で、善隣門のすぐ脇にあるファストフードSario。気軽に食事ができるカフェのような店です。ラーメン、ご飯もの、点心などがお手頃価格で食べられます。人気のフカヒレ麺セット(ご飯でもOK)は1500円。ラーメン類はなんと380円からです。カウンターで注文と同時に会計し、プレートに食事をのせてもらってから席に着きます。いわゆるマクドナルド形式です。2階の窓際の席からは、中華街大通りがよく見えます。

「せっかくの中華街、ちょっと贅沢な食事をしたい」という時は、聘珍楼を予約してみてはいかがでしょうか。快適なオアシスで、本物の味とともに、時間と空間の贅沢に浸ることができます。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @Tomoko Kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Original by Tomoko Kamishima

会話に参加する