福井越前: 城福寺庭園

歴代福井松平藩主が愛でた国指定名勝庭園!

Takako Sakamoto   によって

今年の3月、越前市の味真野苑を訪れたついでに、たまたま近所で見つけた平家一門の菩提寺、城福寺を訪ねてみた。平家一門の菩提寺、という言葉に魅かれただけでなく、国指定の名勝庭園を一目見てみたかったのだ。参拝時境内には人っ子一人おらず一旦は諦めかけたが、最後にダメ元で玄関のドアを叩いてみた。中から高齢の男性が出てきて「未だ公開準備が出来ていない」と言いながらも、親切に庭園を案内してくれた。この庭は江戸時代中期、元禄年間に作庭された借景築山式蓬莱枯山水庭園で、越前福井松平藩主が代々参詣し愛でた庭だ。庭前には藩主御成りの間も保存されている。一般公開前で苔庭の苔はまだ枯れた状態だったが、庭園も御成りの間も貸し切り状態だった。新緑の輝く5~6月にはさぞや美しいことだろう。参詣時誰もいなくても、是非門を叩いてみてほしい。きっと案内してくれるはずだ。運が良ければ平家の末裔に会えるかもしれない!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.