京都・嵯峨野「愛宕念仏寺」を歩く~仁王門から境内へ

荒廃から脱した安らぎの聖地

Shozo Fujii   2014/11/06によって

京都・嵯峨鳥居本の愛宕街道を清滝方面に向かって歩いて行く。一の鳥居から5分ほどで、愛宕寺に着く。天台宗、「愛宕念仏寺」(おたぎねんぶつじ)が通称である。仁王門をくぐり、拝観料300円を納めて境内へと緩やかな坂道を登る。左側の斜面に羅漢像が幾体も宙を仰いでいる。愛宕寺の境内に建つ建物は元々は山城国愛宕(おたぎ)郡において開基され建立されたものを、大正11(1922)年にこの嵯峨鳥居本に移築したものである。荒れるがままだった愛宕寺の復興を祈願して千二百羅漢像が素人の参拝者により昭和56(1981)から奉納され平成3(1991)年に落慶法要が営まれた。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.