京都御所

いにしえの帝の住まいを散策する

Anne Lauenroth   によって

17世紀から19世紀の江戸時代を通じて1868年の明治維新に至るまで、京都御所は帝の住居として使用されていた。建物内部への立入りは禁止されているが、敷地内のガイド付き参観は可能だ ( 英語ガイド付きツアーもある )。約1時間の無料参観には宮内庁への事前参観申請が必要だ。

私が京都御所を参観したのは2015年の7月で、ちょうど台風がやって来ていた。御所の美しい朱色の建物と暗雲立ち込める空が、ドラマティックな景観を見せていた。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Anne Lauenroth