京都 鹿苑寺金閣

金の楼閣と饗宴の庭

Tomoko Kamishima   によって

相国寺塔頭の一つである鹿苑寺の金閣は、仏舎利を納めた美しい三層の高楼である。この金閣に対面して実感するのは、金色の影を映す広々とした鏡湖池、中島や苑路の見事な松、背景の折り重なる山々など、庭園全体が金閣を美しく見せる舞台装置となっていることだ。

室町幕府・第三代将軍、足利義満(1358-1408)は、将軍職を息子・義持に譲って出家した後、山荘「北山殿」を造営した。創建当時の北山殿は、いくつもの建築物が立ち並ぶ饗宴の庭であり、時の天皇や、明の使者、貴族などが、様々な饗応を受けて、楽しいひとときを過ごした。

政治家としての義満の功績は、第一に、半世紀続いた南北朝時代を終息させたこと、第二に、遣唐使廃止以来500年間途絶していた対外貿易(日明貿易)を復活させたことである。金閣は義満にとって、成功のシンボルだったのかもしれない。

義満の死後、北山殿は相国寺の塔頭寺院となったが、歴代の足利将軍や貴族たちは、その後もここを訪れて、しばしば宴を催したようだ。まばゆい光を放つ金閣に上ったり、池で船遊びをしたり、金閣の背後にある小高い丘の苑路を散策したり、さらには、かつて金閣に架かっていた橋を渡り、空を駈ける心地を味わったりと、様々な楽しみ方をしていたようである。

金閣寺の宴

1402(応永9)年から1407(応永14)年まで、義満は、日明貿易のために来日した明の使者を、ここ北山殿で接待した。また、1408(応永15)年には、後小松天皇の行幸に際し、金銀の造花を庭にまき散らし、舞や連歌会、猿楽、蹴鞠、船遊びなどを催した。

当時の北山殿の様子を伝える資料の一つ『臥雲日件録』(相国寺の僧・瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)の日記)は、次のように述べている。

「高く聳え立つ楼や閣、絵や彫刻で飾った建物が、星を散らしたように立ち並んでいる。これは天上から下りてきたものなのか、それとも地中から湧き出たものなのか。極楽浄土のようなこの風景は、天下の語り草となっている。」(漢文より意訳)

また、1638(寛永15)年の『隔蓂記(かくめいき)』(金閣寺の住職、鳳林承章(ほうりんじょうしょう)の日記)には、茶屋で薄茶を飲んだり、山に登ってお弁当を食べて、少しお酒を飲んだとか、金閣に上って、そこから船に乗って遊んだり、戻ってうどんや具入りご飯を食べたりしたなどと記されている。

金閣の建築様式

金閣は三層からなる楼閣である。一層目は仕切りのない板の間の寝殿造り、二層目は内部を襖で仕切った武家造り、三層目は花頭窓を設え、仏舎利を納めた禅宗様の造りをしている。また外観は、一層目は色調を抑えた木目、二層目・三層目は漆の上に金箔を押した黄金色である。池の畔にある金閣の姿は、水面に映ってさざ波に揺らぐ。光の当たる面がほとんどない一層目は、黒子のように姿を消して、黄金の輝き放つ上層だけが水面に漂っているように見える。

土地の記憶

記録に残る最初の所有者は、鎌倉時代の公卿である仲資王(なかすけおう:1157(保元2)年-1222(承応元)年)である。後に太政大臣の西園寺公経(さいおんじきんつね:1171(承安元)年-1244(寛元2)年)がこの土地を入手し、巨大な氏寺である西園寺と、別荘の北山第を建立した。北山第に招かれた歌人の藤原定家(西園寺公経の姉は定家の後妻)は、日記『明月記』に「四十五尺の瀑布、瑠璃の池水、泉石の清澄、実に比類なし。」と賞賛している。しかし、鎌倉幕府の滅亡とともに、西園寺家の力も衰え、それから半世紀、庭園は荒廃した。

1397(応永4)年、西園寺家の北山第は、義満の手腕によって北山殿に生まれ変わった。義満は、祖父・足利尊氏が帰依していた夢窓疎石を敬愛しており、北山殿築造の前に、夢窓疎石が築庭した西芳寺を幾度となく訪れた。禅者であった義満は、時には西芳寺で夜を徹して座禅を組むこともあったという。義満は、その西芳寺を範として北山殿を設計したと言われている。西芳寺の庭は上下二段の構成を取り、池泉回遊式の下段の庭には、かつて瑠璃殿という楼閣が立っていた。また上段の庭は、元々あった古墳の石材を、(容易に取り除くことができないので)石組みに転用して築かれていた。

上下二段の庭

金閣と池を巡る下段の庭は、この世の楽園とでも言うべきか。日が西に傾く頃、眩しいほどに光り輝く金の楼閣。創建当時の金閣には、アーチ状の亭橋(あづまやばし)が架かり、その先には会所が置かれていた(現在は消失)という。橋の中央に立って夕日を望むと、光を受けた目の前の金閣と、池に映ったもう一つの金閣を間近に見ることができたようだ。西方にあるという極楽浄土。亭橋は、穢土と浄土を結ぶ境界を表していたのかもしれない。

丘を登って上段の庭へ行くと、あの世の世界に入る。かつて上段の土地には、西園寺家の墳墓や石室があった。義満は、既存の池も、湧水も、塚も、石室も、敢えて上段の庭に組み入れて、輝く金閣との対比を試みたのである。

このシリーズについて

1339(延元4 /暦応2)年、夢窓疎石は西芳寺に、上下二段の構成を持つ庭を築造しました。下段の優雅な池泉回遊式庭園と上段の厳しい枯山水は、当時はすばらしい対比を見せていたことでしょう。700年近い歳月は、その庭を大きく変貌させました。今では美しい苔が一面を覆い、この庭の新たな魅力を引き出しているようです。

このシリーズでは、上下二段の構成を持つ3つの庭を巡り、それぞれが作り出す美的空間を鑑賞していきたいと思います。

1 西芳寺:禅僧・夢窓疎石(1275-1351)が築庭した「苔に覆われた修禅の庭」

2 鹿苑寺金閣:足利義満(1358-1408)が監修した「金の楼閣と饗応の庭」

3 慈照寺銀閣:足利義政(1436-1490)が監修した「銀の楼閣と月見の庭」

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する