晩秋の京都御苑を歩く

公家町の栄華を偲ぶ

Shozo Fujii   2014/12/27によって

京都御苑は東西700メートル、南北1300メートルの長方形をした大きな自然公園である。その中、北西部に歴代天皇の住まいであった御所がある。明治時代、東京遷都によって天皇も東遷すると公家たちも天皇に続いた。かつて御苑内は公家屋敷が立ち並ぶ公家町であったが無人となった公家町は荒廃した。明治天皇が御所に戻った折、そのあまりの荒れ果てた様を嘆き整備事業が始まって、現在のこのような市民公園となったのである。御苑内には5万本もの樹木が茂る。四季折々の花が咲く御苑内は天皇を中心とした公家政治と文化の栄華を偲ぶのにうってつけの閑静さをとどめて、私達を迎えてくれる。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.