-10°

佐賀

唐津、伊万里、有田焼の文化に触れる

佐賀について

みどころ

食のおすすめ

カフェのっち

カフェのっち

福岡市中心部から山を目指し、263号線を南西方向に半時間ほど進めば、そこはもう佐賀県三瀬村だ。木々の生い茂る金山の麓、三瀬村、そこに棚田を見晴らすログキャビン型カフェがある。つい先程まで見えた広大な都会の景色はもはやどこにもない; 田舎だ、日本の田舎に来たのだ。 2004年にオープンしたカフェのっち は、家族経営の店だ。潮田家の家族達が、大工である奥さんの父親と近隣住民の手を借りて、この美しいログキャビンを造り上げた。ノッチ (切込みの入った丸太の交差部分) のある丸太は、釘を使う事なく美しく重..

宿のおすすめ

ホテルルートイン佐賀駅前

ホテルルートイン佐賀駅前

佐賀県は古代よりアジアの国々との衝突の玄関口だったことから、訪れる人々が歴史を体感できるような興味深い場所が様々ある。 佐賀市は佐賀県にあり、南は有明海、南東と北は福岡県に面している。市北部の山地は脊振山と呼ばれる。 ホテルルートイン佐賀駅前は、佐賀で過ごすのに間違いなく快適な滞在場所だ。佐賀空港からバスで35分、JR 長崎本線・佐賀駅からわずか徒歩1分のところにある。この駅から出る電車は、佐世保線・唐津線にもつながっており、乗り換えも便利だ。実際、およそ2万5千人の人が毎日佐賀駅を利用し、特急..

ことぶき屋旅館

ことぶき屋旅館

日本を訪れその伝統と文化を探求したいと思う旅行者にとって、旅館への滞在は逃すことのできない絶好の機会だ。旅館というのは、江戸時代に始まった伝統的な日本式の宿で、当時このような宿は日本の街道沿いにあり、旅人に食事を出していた。ことぶき屋旅館は嬉野の中心部にあり、温泉街に面し川の眺望も素晴らしい。JRバスの嬉野温泉駅から徒歩5分。嬉野は佐賀県にある温泉町で、「日本三大美肌の湯」の一つとされている。嬉野地区には見どころが沢山。町中で中心部の温泉地域をゆっくり見て回るもよし、町から少し外れて美しい自然を..

最新記事

九年庵 別荘と庭園

九年庵 別荘と庭園

明治時代、実業家・伊丹弥太郎は、佐賀の山中に別宅を設けたいと思った。彼は建築家とともに、九年庵の設計に取りかかった。九年庵という名は、それを作るのに要する年月をもとに名づけられた。今日、この施設は、5月の4日間(2014年は5月3日~6日)と11月の9日間(2014年は11月15日~23日)だけ一般公開されている。その期間は、数多くのモミジの木々が鮮やかな紅の色合いに衣替えし、当敷地が最も見頃を迎える時期だ。濡縁が備わった数寄屋造りの家屋は、色変わりする木々の葉と対照をなし、美しく写真映えする背..

山の庭園 大興善寺

山の庭園 大興善寺

1300年の歴史を持つ山寺・大興善寺は、その見事な秋の紅葉に多くの見物客が訪れる。しかし、赤や黄色の葉がもっとも美しく見えるのは、寺の本堂の後ろ側にある庭園だ。入場料500円を払えば、細かく交差した小道を上り、坂の上まで行くことができる。アジサイのあいだに隠れるように延びる小道は、小川や茶屋、小さな社、展望所に通じる。陽の光が木々の葉のあいだから差し込めば、それこそ入場料分の価値ある景色になる。

九年庵の敷地

九年庵の敷地

九年庵は、明治時代の実業家の庭園かつ別荘で、毎年11月に9日間だけ公開する必見のスポットである。しかしながら、この小さな敷地を見学しようと、何千人もの人が順番待ちをしているため見学には何時間を要する。その入園待ちのあいだには、丘の上の仁比山神社をはじめ、静かな地蔵院、さらに秋の見頃を迎えた何百ものモミジの木々まで、たくさんの美しい風景に立ち会うことができる。

閉じる

About saga

沖縄 長崎 福岡 佐賀 熊本 鹿児島 宮崎 大分 愛媛 高知 徳島 香川 山口 広島 岡山 鳥取 島根 兵庫 京都 大阪 和歌山 奈良 滋賀 三重 福井 石川 富山 岐阜 愛知 長野 静岡 新潟 山梨 神奈川 東京 埼玉 群馬 栃木 千葉 茨城 福島 宮城 山形 岩手 秋田 青森 北海道
閉じる