奈良 東大寺戒壇院

日本仏教の夜明け

Tomoko Kamishima   によって

奈良・東大寺境内の西方に、ひっそりと佇む戒壇院。ここではかつて、非常に厳粛な授戒の儀式が執り行われていた。仏徒として生きることを釈迦に誓う代わりに、三師七証の高僧に導かれて宣誓する受戒の儀式。それを見守っていた銅像の四天王はいつしか失われたが、東大寺中門堂から移された天平時代の最高傑作の塑像が、今ここで私たちを待っている。JR東海のCMで「空前絶後、唯一無二、四天王像」と紹介された、あの迫力ある眼差しの守護神は、戒を受ける者たちの心の中まで見据えていたのだろうか。

戒壇院

754(天平勝宝6)年、6度目の渡航で、ようやく唐より来日を果たした鑑真は、翌755(天平勝宝7)年に東大寺戒壇院を開いた。しかし、金堂、講堂、僧坊などを擁する大伽藍は、1180(治承4)、1446(文安3)、1567(永禄10)年と三度も火災に遭い、すべてが灰燼に帰した。現在の建物は、1732(享保17)年に戒壇堂として再建されたもので、多宝塔もこの時に安置されたと伝えられる。

戒壇院の土壁に沿って歩き、門をくぐって境内に足を踏み入れると、石畳が堂宇へと一直線に導いてくれる。両側は竹の結界で仕切られ、足元左には三つの結界石が、この先の場の清浄を示している。境内に整えられた茶色の砂は、水面に立つさざ波のように、受戒する僧の緊張感を表しているようにも見えた。石畳の中ほどに立ち、戒壇堂の屋根を見上げる。左端の鬼瓦は、口に魚をくわえている。またその横の龍の飾り瓦は、おどけたような丸い目をしてこちらを見つめている。この、なんともユニークな瓦の装飾に、思わず口元が緩んだ。堂宇の中は、厳粛な場所ゆえに撮影はできない。靴を脱いで階段を上ると、正面に多宝塔、その前に釈迦と多宝仏が祀られている。壇上を一巡しながら、四方に立つ持国天、増長天、広目天、多聞天を拝む。ここで受戒した僧たちは、薄暗い堂の中で、この四天王に見つめられながら、生涯の誓いをたてたのである。

授戒(受戒)

授戒とは、実際どのようなものだったのだろうか。仏教に帰依すると、まず沙弥(得度して剃髪し、正式な僧となる前の見習い)として10の戒律を守ることを誓わなければならなかった。次に、菩薩戒(生活態度を律しながら利他業に励む)へと進み、その後、正式な僧となるために、具足戒を受けた。このように、本来、僧は段階を踏んで受戒するのである。具足戒は、釈迦の前で戒を守ることを誓うものであったが、釈迦の入滅後は仏像を拝して同様の宣誓を行った。

鑑真の伝えた具足戒授戒の儀式は、戒和上(かいわじょう)、教授師(きょうじゅし)、羯磨師(こんまし) の3人の師と、少なくとも7人の証明師(しょうみょうし)を必要とした。その三師七証が、釈迦の遺言を書き記した遺教経(ゆいきょうきょう)を読み上げた後、受戒者が心身ともに欠格なきことを三度確認する。そして異議なしとして審議が終わると、一生この戒を守ることを誓うかどうかが問われ、受戒者の宣誓がなされる。その後、250の戒と3000の作法、僧としての心得などが説明された。

鑑真来日以前の日本仏教

朝廷は鑑真の来日を熱望していた。それは鑑真が戒律を熟知する高僧であったからだが、ではなぜ、日本は授戒の儀式を行うことができる高僧を、これほどまでに必要としたのだろう?答えは、当時の日本仏教の現実にあった。

百済から日本に仏教が伝来したのは、6世紀半ば、欽明天皇の時代である。この時、天皇や朝廷の高官たちは見事な仏像に目を奪われた。しかし、仏教の受容は国神たちの怒りを買うとして、国家的にその信仰を取り入れることはなかった。その後、推古天皇の元で、仏教的な道徳観に基づいて政治を執り行ったのが、聖徳太子(574-622)である。だがこの時もまだ、国家的な仏教受容には至らなかった。もっとも、630(舒明天皇2)年から、中国の先進的な技術や仏教の経典を収集するために、遣唐使船が始まったことは、仏教の受容に向けた準備だったと言うことができるかもしれない。やがて奈良時代(710-794)になると、鎮護国家の思想のもと、諸国に国分寺が置かれ、各寺に官僧が配された。だがこの官僧たちは、いわば国家公務員として僧位を得たもので、仏教徒であることを自誓したにすぎなかった。つまり、仏教徒としての正式な受戒をせず、また特別な修練も積んでいない、自学自習の僧たちであったのである。

742(天平14)年、日本からの留学僧、栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)は、中国楊州の大明寺(たいめいじ)に、講義中の鑑真を訪ねた。そして日本の仏教が、未だ正式な受戒もできない現状を切々と訴えた。二人は、日本人が仏教の根本を学ぶためには、基礎から指導、教授してくれる高僧たちを、集団として招聘することが必要だと述べた。仏教を学ぶことは、すなわち中国の進んだ学問大系を取り入れることであり、日本人が、中国の先進技術や、洗練された文化、芸術を吸収するために、必須の基礎教育だったのである。

足掛け12年の歳月をかけて、ついに鑑真とその高弟たちは来日した。国を挙げての大歓迎だったことは言うまでもない。長年待ち続けた授戒の儀式を最初に受けたのは、聖武天皇、光明皇后、そして孝謙天皇だった。

鑑真による東大寺戒壇院での授戒は、日本仏教の黎明を告げるものだった。その後の日本仏教の発展の一端は、度重なる苦難を乗り越えて来日し、真摯な努力を惜しまなかった鑑真の功績だったといえよう。

詳細情報

東大寺についてもっと調べる

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する