Malaychan マレーチャン 池袋

Muslim Friendly Restaurant Ikebukuro

Yukie Suzuki   2013/09/16によって

マレーシア料理レストラン「マレーチャン」。お店の名前の由来にもなったのがマレーシア料理の魂ともいえる「マレーチャン(馬来煎)」ソース。日本人にとってのしょうゆのような、マレーシア人にとって非常に馴染み深い味です。マレー半島沿岸で豊富に獲れるエビを発酵させて固めた調味料「ブラチャン(balachan)」に、天日で干した小エビやさまざまなスパイスをすりつぶして加え、丹念に煮詰めて作ります。

マレーチャンでは、オーナーママが自らマレーシアに出向き、材料を調達。吟味して作った自家製マレーチャンソースをふんだんに使い、野菜炒めから、焼き魚、ナシゴレン、麺のスープとさまざまなマレーシア料理を提供してくれます。そのなかでもオススメなのが日本テレビ系列「ひるザイル」で人気グループEXILEの方々に「お世辞抜きで美味しい!」と言って紹介された、「金目ダイのヘッドカレー」。赤い色が鮮やかな金目鯛を使って、魚用のカレー粉をマレーシアから取り寄せ、現地の味を再現。本場に負けないとっても美味しいヘッドカレーです。

マレーチャンではHALAL(ハラール)いうマレーシアの国の宗教を尊重し、イスラム教徒の向きの食事を提供しています。日本には豚肉を排除し、イスラム教で許された鶏肉、牛肉を扱っているレストランは少なく、マレーチャンは在日本のイスラム国のお客様が安心して食べられるお店です。そのお陰で、マレーシアを始めとするイスラム教の留学生、ビジネスマンのお客様方が増えているそうです。全日空の機内食にも取り上げられ、ムスリムミールとしてご注文いたいだいております。事前に電話でお願いをすれば、ムスリムミールの日本食の予約も可能だそうです。

Yukie Suzukiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する

越智 茜 5年前
ムスリムの観光客が増えているので、こういった情報は貴重かと思います。