検索結果:39件
足羽山山頂にある足羽山公園では毎年4月下旬、福井県茶道連盟加盟の14流派が一堂に会し催される「煎抹各流大茶会」を行っている。開催回数は既に60回 を優に超えるというから歴史のある茶会だ。「写真コンテスト」も同時開催されるなど、茶に興味がある人だけでなく、写真や可愛いモデルを一目見たい人にも 人気だ。茶券は2席付き1枚が1,000円。これには好みのお茶とお茶菓子が付く。1枚買えば2回お茶を堪能できるというわけだ。中学生以下は500円。 当日会場で販売されている。煎茶も供されるので、抹茶が苦手な人でも気軽に楽しめる。
日本人なら誰もが知る徳島の「阿波踊り」だが、この踊り、観光客が準備なしで飛び入り参加できることをみなさんはご存知だろうか? 日本には数々の有名な祭りがあり、どれも見応えのある素晴らしいものだが、観光客はただ指をくわえて見物するのみだ。しかし阿波踊りはちがう。「にわか連」に入れば、誰もが演舞場で踊ることが出来る。衣装も練習も不要、「にわか連」に飛び入り参加し、突然踊りだせる全員参加型の夏祭り、それが阿波踊りなのだ。毎年8月12日~15日に開催される阿波踊り、熱狂のるつぼと化した徳島で、あなたも是非阿波踊りに挑戦してみては如何だろう。「踊るあほうに見るあほう、同じあほなら踊らにゃ損々」だ!
日本最古の「音楽とバレエの殿堂」、東京文化会館。1961年に東京都が開都500年事業として建設し、以来日本におけるクラシック音楽やオペラ、バレエの殿堂として確固たる地位を占めている。上野公園内にあり、JR上野駅から道路を渡ってすぐだ。
岡山県に古くから伝わる鬼伝説の鬼神「温羅(うら)」の伝説が元になっているこのお祭りは、毎年8月の第1日曜日とその前日の土曜日の二日間に渡って開催されます。
京都市洛東、東山に位置する清水寺は、平安遷都(794)以前からの長い歴史を持つ古刹である。清水寺の由来には「音羽の滝」伝説がある。また、鳥辺野という別の名称の歴史も清水寺の重要な側面である。
「越前朝倉万灯夜」: 福井の一乗谷朝倉氏遺跡で毎年開催されるイリュミネーション・イベント。静かな山あいの古戦場で幻想的なライトアップを楽しめる。
今では学問の神様、そして昨今は都合よく受験合格の神様としてありがたく祀られている
4月末、徳島では素晴らしいアートフェスティバルが開催される。徳島の水と緑に恵まれた美しい風景を、LEDライト(発光ダイオード)がさらに魅力的な光景へと変える。