京都 大覚寺

回廊巡りを楽しむ京の寺 2

Tomoko Kamishima   によって

京都北西の郊外にある大覚寺は、平安時代初期に造られた嵯峨天皇(786-832)の離宮を前身とすることから、その建築様式に、御所のたたずまいを色濃く残している。格調高い寝殿造りの居室や、宸殿や御影堂前の白砂の庭、そして何よりも、迷路のように複雑な回廊が、縦横無尽に建物をつなぐその雅な美しさ。嵯峨天皇の離宮は876(貞観18)年に大覚寺となり、幕末まで天皇や皇族方が住職を務めた門跡寺院であった。

回遊順路

玄関の手前、左手に嵯峨御流の生け花が飾られている。嵯峨天皇が、大沢池に浮かぶ菊島で花を摘み、それを生けたことから華道・嵯峨御流が始まったとされ、大覚寺には今も家元(総司所)がある。玄関を入れば、いよいよ回廊巡りの始まりだ。順路に従って進むと、正寝殿、宸殿、御影堂と、王朝絵巻の世界が展開する。狩野探幽の障壁画や蒔絵に縁取られた襖絵など、豪華な装飾が室内を彩っている。回廊は部屋に沿って幾度も曲がり、白砂の庭を取り囲むように進んで五大堂(本堂)に至る。五大堂の東には、大沢池に張り出すようにぬれ縁が設えてあり、その眺望はとてもすばらしい。

ここまでが南側半分の回廊である。五大堂の奥を通って、北側の回廊に進もう。小さなせせらぎと樹木の間を縫うように回廊を進み、仏具や工芸品などを展示する霊宝館や、歴代天皇が写経した般若心経を納めた勅封心経殿、阿弥陀如来像が祀られている赤い堂宇の霊明殿を見る。時々、庭の向こうを歩いていく人を見かけるが、回廊が複雑に入り組んでいるため、自分は次にどの辺りに出るのか想像がつかない。まるで、迷路にはまっているようで楽しかった。

嵯峨天皇と空海

嵯峨天皇は、平安遷都を挙行した桓武天皇(737-806)の第二皇子として生まれた。809(大同4)年、兄の退位により即位したが、この頃、飢饉に加えて疫病が全国に蔓延していた。天皇はこの事態に憂慮し、唐で密教の伝法阿闍梨の灌頂を受けた空海に相談した。空海はそれに対し、般若心経写経の霊力について言上した。そこで天皇が、一字三礼の誠を尽くして、紺紙金泥に般若心経を浄書したところ、たちまち霊験が現れ、疫病は退散したという。嵯峨天皇の浄書は、今も勅封心経殿に奉安されている。

空海は日本歴代の傑僧であるとともに、能書家としても知られている。天下の三筆と言えば、この時代、嵯峨天皇、空海、橘逸勢(たちばなのはやなり)であった。ともに高い教養をもつ嵯峨天皇と空海は、この離宮で、しばしば書や詩文の談義、唐の話をするなどして過ごしたと伝えられている。

816(弘仁7)年、嵯峨天皇は空海に、高野山開創の勅許を与え、823(弘仁14)年には東寺を下賜した。

このシリーズについて

王朝文化に華やいだ平安時代(794-1185)、中央貴族たちは寝殿造の屋敷に住み、季節ごとに変わる庭の美しさを楽しみました。当時の建物には壁がなく、外周は蔀戸や妻戸のみで仕切られていたため、それらの戸をすべて開放すれば、室内と外の自然とが、たちまち一体となりました。建物をつなぐ回廊は、細い柱で屋根を支えた廊下です。ここもまた、雨や雪にぬれることなく、外の景色を楽しむことができるという点で、内外が一体化した空間でした。残念ながら往時の貴族屋敷は残っていませんが、平安時代に創建された寺院の中には、その面影を見ることができます。

このシリーズでは、内であって外でもある回廊に焦点を当てて、京都のお寺を訪ねてみたいと思います。

1 永観堂(853年創建):上へ上へと伸びていく垂直回廊

2 大覚寺(876年創建):どこまでも続く迷宮回廊

3 仁和寺(888年創建):鍵型の回廊と2つの庭

4 青蓮院(1150年創建):コの字型の回廊と3つの庭

回廊巡りを楽しんだ後は、禅宗とともに発達した枯山水の庭園や、武家の庭である回遊式庭園を訪ねてみてはいかがでしょうか。京都の作庭家シリーズでは、名庭と作庭家についてご紹介しています。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する