京都・嵯峨野「常寂光寺」を歩く~2

美しい苔の庭園

Shozo Fujii   2014/11/14によって

常寂光寺は、京都嵯峨小倉山の林の中に静かに佇む。実はこの寺は日蓮宗(にちれんしゅう)大本山の本圀寺(ほんこくじ)16世である日禎(にっしん)上人が創建したのだが、それには訳がある。文禄5(1595)年、豊臣秀吉が方広寺(ほうこうじ)の大仏を建立した際、日禎上人に出仕が命ぜられた。しかし彼は「私は日蓮宗の信徒でありますゆえ、他宗の供養をするわけには参りませぬ。」と秀吉の命を拒んだ。それでは寺に迷惑がかかるやも知れぬと、嵯峨小倉山に隠遁したというわけだ。手入れが行き届いた美しい苔庭と、秋の燃えるモミジで今では年間を通じて多くの観光客・参拝者で賑わう常寂光寺である。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.