しまなみ海道

愛媛県今治市から広島県尾道市を結ぶ瀬戸内海に浮かぶ島々を巡る海上橋およびその周辺

Kazumi Shigematsu   2013/05/13によって

広島県尾道市の尾道福山自動車道(国道2号松永道路)西瀬戸尾道ICを起点とし、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などを経て愛媛県今治市の今治ICに至る、延長59.4kmの高規格幹線道路(国道317号の自動車専用道路)です。

しかもこれらの橋を徒歩・自転車でも渡れるんです。確かに徒歩だと一日での往復は難しいのですが、自転車で日帰りサイクリングを楽しむ方も多いようです。(ただし、かなり事前準備されています。なんせ往復約120Kmですから)

またこの「しまなみ海」は、他の駐四国連絡橋と違い高速道路として使われるだけでなく、歩行者・自転車はたまた列車意外に125cc未満の自動二輪(原付)が、通行可能なんです。

そこで、がぜんがぜんCD125乗りとしては、行かない手はないという事で、今回は今治市から大島・伯方島・大三島と廻ってみました。自転車・原付は有料でも同額です。徒歩に至っては無料です。ただし、大島までで片道20㎞あるので、今治側から徒歩だけで全線わたるのには、丸一日かかる計算です。

今回は、バイクで伯方島の「塩ソフト」と大三島の「大山祗神社」をメインとしての出発です。

伯方島は、塩生産が有名でその塩を使ったソフトが、最近話題となっています。ウィーキング・サイクリング途中でのミネラルと当分補給は、重要なのでこの商品一石2丁ですよね。

今回最大の目的「大山祗神社」は、大三島西岸、神体山とする鷲ヶ頭山(標高436.5m)西麓に鎮座し、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた神社です

源氏平氏をはじめ多くの武将が武具を奉納して勝利を祈願したので、国宝・重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割がこの神社に集まっています。

そもそもこの話を聞いて、そればぜひ拝見したいものだと訪れたのだが、一部無計画に島を訪れたため、帰りの橋の料金が財布になく、入館を断念!島にも銀行はありますが、手数料やATMの利用時間の終了が早いので、注意した方がいい、、、ハンセイ!

ちなみにその宝物館入場料1,000円・通行料は片道今治-大三島200円・大三島-伯方島50円・伯方島-大三島50円です。

しまなみ海道は、ドライブ・ツーリング・ハイキング・キャンプ・海水浴等々いろいろな形で楽しめる観光スポットです。目指せ瀬戸の地中海! 

Kazumi Shigematsuさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する

越智 茜 5年前
しまなみ街道が見えるスポットはいくつかありますが、やはりおすすめは糸山公園です。壮大な景色を見ていると心が晴れ晴れするものですよね。しまなみ街道を車で渡るのも絶景ですが、次こそは自転車で渡りたいと思っています!
Kazumi Shigematsu 執筆者 5年前
ただ橋自体は、約56㎞となっていますが、かなり急激に橋げたの上まで登るので、全線往復の際には十分なトレーニングを要すようです。あとサイクルロードの案内は、まだまだ改善途中のようですので、十分注意が必要です。
Makoto K 5年前
このサイクリングロードはかなり良いみたいですね
いつかゆっくり回ってみたいコースのひとつです