栃木 大雄寺の夏

波涛を越えた中国僧 6 東皐心越

Tomoko Kamishima   によって

栃木県大田原市黒羽の大雄寺(だいおうじ)は、1404(応永11)年に創建された禅寺である。黒羽藩主・大関忠増が、1448(文安5)年に伽藍を整備してからは、大関氏の菩提寺として繁栄した。室町期の建築様式が残る茅葺きの本堂、禅堂、庫裏、回廊からは、往時の興隆が偲ばれる。600年もの間、のべ数千に及ぶ修行僧たちが、日々この回廊を踏みしめながら修行に励んだことを思うと、感慨深いものがある。固く引き締まった回廊の三和土(たたき)を歩きながら、足の裏に僧侶たちのエネルギーを感じるような気がした。

1693(元禄6)年、中国・明からの渡来僧、曹洞宗寿昌派三十五世の東皐心越(とうこうしんえつ)が、この由緒ある寺を訪れた。心越は、那須温泉に湯治に出かけ、住持していた水戸の祇園寺に戻る途中に大雄寺に寄った。大雄寺には『霊鷲』『学無為』の扁額と達磨図など数点の書画が残されている。

大雄寺

那須岳に源流を発し、大田原市黒羽の中心を流れる那珂川は、茨城県を経て太平洋に注ぐ一級河川である。大雄寺はその東岸の森にひっそりと佇んでいる。近くには「観光やな」があって、春から夏にかけては、那珂川で獲れる新鮮な鮎を旅人の口に供してくれる。

車道に面した大雄寺山門から、長い石段を歩いて総門へと登っていく。石段の脇には、趣のある石碑や石仏が並び、ふと足を止めて眺めた。中でも興味深いのは、総門手前の左側にあるラカンの丘である。生き生きとした表情の十六羅漢像が木立の中に点在している。これは、1994(平成6)年に大雄寺開創600年を記念して寄進建立されたものだという。羅漢たちの個性的なポーズは、まるで今、この瞬間に時間がとまったかのようである。ラカンの丘を廻ってから、いよいよ総門に至る。茅葺きの総門に掲げられた扁額には、ややかすんだ金字で『霊鷲』と記されていた。これが前述の、東皐心越揮毫の篆書である。総門をくぐれば、正面に本堂、左に坐禅堂、右に鐘楼と庫裏が素朴な佇まいを見せている。これらの建物は、ぐるりと中庭を取り囲んで、回廊で結ばれている。

東皐心越

東皐心越は、1639(寛永16)年に浙江省の金華府で生まれた。金華府は今日、世界三大ハムの一つ、金華ハムで知られる土地である。東皐心越が幼少期を過ごしたのは、明末清初の混沌とした時代であり、若き日の東皐心越も、その熱き血を憂国の情に傾けた。仏門を飛び出し、明の僧兵として戦乱の中に身を投じたのである。しかし、滅び行く明軍には統率力も求心力もなかった。泥沼の戦いの中、東皐心越は心身ともに憔悴し、抜け殻になって禅林に戻った。その後の彼は、全身全霊を傾けて修行に励み、ついに、すべての疑念が溶けてゆく大悟の瞬間を迎える。そして師僧の命を受け、西湖の西にある金華山永福禅寺に普山した。しかし、10年に渡り明軍で活動したという事実は、その後の東皐心越に、苦難の日々を与えた。清による明軍の残党追補の手が、東皐心越の元にも及んできたのである。

1676(延宝14)年、表向きは招聘された渡来僧として、だが実情は、清の追っ手を逃れるために、東皐心越は日本の地を踏んだ。当時鎖国下の日本は、非公式に高徳の渡来僧を受け入れ、大陸各地の情報を得ていたのである。ところが、長崎にたどり着いた東皐心越に、安寧の日々は訪れなかった。日本仏教界には、各宗派の対立が存在しており、曹洞宗の法嗣であった東皐心越は、黄檗派の僧侶を刺激して、反対運動を起こさせてしまったのである。結果的に、「心越、帰国すべし」の声が上がり、幕府からも厳しい詮議を受けざるをえなかった。そして東皐心越は、長崎興福寺に幽閉された。一方で、曹洞宗の僧侶たちは、江戸で東皐心越救済のために奔走した。彼らは、幕政に絶大な力を持つ水戸藩主、徳川光圀を動かすことに成功し、東皐心越の滞在を承認させた。そして1年後、東皐心越はようやく軟禁を解かれた。

1683(天和3)年、東皐心越は徳川光圀の庇護の元、水戸祇園寺に入り、禅と、様々な禅文化を伝承、普及させることに心血を注ぐ。東皐心越に指導を受けた者たちは、その後、独自の芸術世界を作り上げ、各界で活躍していくことになる。

禅の文化

東皐心越は多才な文僧であった。墨画、篆刻、書、七弦箏、曲笛、歌、詩など、いずれにおいても洗練された、高度な芸術的素養を身につけており、多くの作品を日本各地に残した。例えば神奈川県の金沢八景は、東皐心越の詠んだ漢詩に基づいて命名された名所である。

また東皐心越は、様々な書体に精通しており、親交のあった人々には、用途に応じた複数の印を彫って贈っている。長崎奉行の牛込勝登(うしごめかつなり)や唐通事の林時亮(りんじりょう)には三種の印を贈呈しており、その印影が残されている。また、書画に関しては、実に全国47ヵ寺に扁額を残した。一人でこれほど多くの扁額を揮毫した例は他にはない。黒羽大雄寺の『霊鷲』は、当時の日本では珍しかった篆書で記されており、きわめて斬新な作品として、寺僧に受け入れられたようだ。

徳川光圀との親交

徳川家康の孫の一人で、第二代水戸藩主だった徳川光圀は、幕政に多大な影響力を持ち、社会文化活動にも尽力した人物である。光圀は、農政改革や寺社改革などの政治的な活動の他、古典研究、文化財の保護、『大日本史』編纂という文化活動にも積極的だった。

光圀と東皐心越が初めて顔を合わせたのは、江戸の水戸藩上屋敷の茶室である。目礼を交わしてから、主、光圀が茶を点てる。炉の炭が赤く燃え、静寂の時が流れた。天目茶碗に鮮やかな抹茶が映える。客の東皐心越は美しい茶器を眺め、それから茶碗を口に運んだ。とその時、耳をつんざくような銃声が轟いた。光圀は、視線の端で、じっと東皐心越の様子を観察していた。東皐心越は、そのまま何事もなかったようにゆったりと茶を飲み干し、膝前に茶碗を戻した。かくしてその胆力を見届けた光圀が、今度は自分の茶を啜ろうとしたとき、東皐心越の大音声が響いた。「カーッツ(喝)!!!」光圀は驚いて、うっかり茶碗を落としそうになった。光圀の仕掛けを見抜いていた東皐心越は「砲声は武家の常、喝は禅家の常」と発した。すぐにどちらからともなく笑いがこぼれ、互いの心が打ち解けた。以後、二人は国籍も身分も越えた友情をあたため、その親交は東皐心越が示寂するまで続いたという(参考:『東皐心越』高田祥平著)。

東皐心越は、僧侶、政治家、学者、文人などと広く交友があり、最先端の明の芸術、および禅文化を日本に伝えた。その幅広い活動は、200年後の百花繚乱の江戸文化大成に、おそらく潜在的な影響を与えたことであろう。

シリーズ:波涛を越えた中国僧

このシリーズでは、大陸から日本に渡ることが命懸けだった時代に、荒波を越えて渡来し、仏教を通じ、日本の文化形成に多大なる影響を及ぼした、6人の中国僧を紹介していきます。

1 鑑真和上(がんじんわじょう668-763):奈良 唐招提寺

2 蘭渓道隆(らんけいどうりゅう1213-1278):鎌倉 建長寺

3 無学祖元(むがくそげん1226-1286):鎌倉 円覚寺

4 一山一寧(いっさんいちねい1247-1317):伊豆 修善寺

5 隠元隆琦(いんげんりゅうき1592-1673):宇治 萬福寺

6 東皐心越(とうこうしんえつ1639-1696):栃木 大雄寺

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する