鎌倉大仏造像の謎 - 2

大仏意匠に隠された秘密

Tomoko Kamishima   によって

前項では、青銅の大仏が完成した760年前、それがどのような姿だったのかを見た。そして、驚くべき鋳造過程と巧みな接合技術の概略をご紹介した。この項では、大仏意匠に隠された秘密を探ってみたい。

大仏の螺髪(らほつ)と白毫(びゃくごう)

一般的に、仏像の髪はカールして固くねじれ、一房ずつ右巻きに巻いている。この髪型を螺髪というが、奈良の大仏では966個、鎌倉大仏では656個が確認されている。ところが、鎌倉の大仏では、螺髪はすべて左巻きなのだ(写真1)。へそ曲がりの人を「左巻き」と言うことがあるが、大仏がへそ曲がりだった訳ではない。大仏は、鎌倉幕府が新しい都を繁栄させるために、シンボルとして造立したものだと考えられており、京都や奈良の仏像とは異なる、全く新しい造形が必要だったのだ。

仏の額中央にある突起物は白毫といい、長さ4.5mの白い毛が丸まっているものだという。通常は右巻きであるが、鎌倉大仏では、これも左巻きである(写真2)。『法華経』序品には、仏が瞑想に入ると眉間の白毫が光を放ち、東方一万八千世界を照らしたと記されていることから、鎌倉を照らし、日本を照らす大仏であることを願った意匠ではないだろうか。

大仏の口ひげ

鼻の下をよく見ると、口ひげが彫り込まれているのが見える(写真3)。仏は男でも女でもなく中世的な存在であるが、ひげは徳を表し、救いの光を放つため、仏像に描かれることが多い。

大仏の耳たぶ

耳の大きさはなんと195cmもあり、耳たぶには、とても大きな穴があいている。横から見ると、耳朶は顎の近くまで垂れ下がっているが、大きい耳は、広く世の中の声を聞くための意匠であるという。2500年前のインドでは、貴族の男性は耳璫(じとう)という豪華なピアスをつける習慣があり、大仏の耳もその風習に由来するらしい。

男性的な骨格

本来、大仏に性別はないはずであるが、強さの宿る切れ長の目、鼻梁の通った大きい鼻、両顎の張った力強い輪郭、固く結んだ口元などは、男性的な雰囲気を表しているように見える(写真5)。このような男性的な表現は、鎌倉の御家人たちに非常に好まれた。京都の社寺には、優美で繊細な仏が多いが、鎌倉の仏たちは素朴で力強い。宮廷貴族や平氏の好んだ定朝様(じょうちょうよう)の作風に対して、この男性的な表現は、奈良仏師・運慶が東国で広めた作風で、運慶様(うんけいよう)と呼ばれる。

前屈みの姿勢

側面から大仏を見ると、肩の丸みがよくわかる(写真6)。そして頭部を前に突き出す前屈みの姿勢は、猫背のようにも見える。なぜこのような姿勢になったのか。大仏殿があった頃、大仏の視線は、ちょうど参拝者と向き合うように設計されていた。どこか遠い場所を見つめる仏ではなく、人々に向かい合う仏。それが鎌倉大仏の造形にはっきりと示されているのだ。

指の組み方

仏像を見るとき、様々な指の組み方があることに興味を持っている方は多いだろう。この指の組み方を印相と言い、仏の種類や悟りの程度、性格などを表している。

鎌倉大仏が結んでいる印相は定印(じょういん)といい、仏が瞑想状態にあることを示す。定印は、一般に阿弥陀如来または釈迦如来に見られるものであるが、鎌倉大仏の定印は、正面で合わせた親指の角度が通常とは異なる。また親指に隠れた人差し指が、ほんのわずかに見えていることも珍しい(写真7,8)。この点でも、密かに鎌倉新大仏をアピールした可能性がある。

鎌倉幕府の願いは、長く主権があった京都や奈良ではなく、遠く離れた東国の地・鎌倉が、日本の新都として繁栄することであった。また、幕府の大仏造立の目的は権力の誇示ではなく、鎌倉が新しい政治を行うにふさわしい土地であることをアピールすることであった。したがって、これまでの常識とは異なるものを打ち立てていく必要があり、大仏には、独自の意匠を加えたのだろう。また、直接人々に語りかける目線の仏像であることも、強く求められたのではないだろうか。

参考文献

  1. 『鎌倉大仏』清水真澄 有隣新書
  2. 『鎌倉大仏の中世史』馬淵和雄 新人物往来社
  3. 『日本の仏像19 高徳院鎌倉大仏と鎌倉の古仏』 講談社BOOK倶楽部
  4. 『鎌倉大仏と阿弥陀信仰』神奈川県立金沢文庫
  5. 『鎌倉大仏の謎』塩澤寛樹 吉川弘文館

シリーズ:鎌倉大仏

鎌倉大仏:500年の風雪に耐える露坐の大仏

鎌倉大仏造像の謎 (1) : 大仏鋳造の技術

鎌倉大仏造像の謎 (2) : 大仏意匠に隠された秘密

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する