検索結果:81件

京都 祇園八朔(ぎおんはっさく)

8月1日といえば、京都祇園では特別な日だ。八朔(はっさく)とは旧暦の八月朔日の略で、朔日は1日のことだ。祇園八朔 は、沢山の芸子(京都での芸者の呼び名)や舞妓たちの姿を、芸者で名高い京都で見られる千載一遇のチャンスなのだ。蒸し暑い夏の最中、芸子たちは祇園一帯を練り歩き、日頃から世話になっているお茶屋さんに挨拶回りをしながら、感謝の意を込めささやかな贈り物をする。

明治神宮の盆栽・水石展

明治神宮内を散策し、盆栽・水石展示会に行ってみよう。6月15日まで開催中だ。日本で 1,000 年以上の歴史を持つ盆栽は、趣味として日本の人々からこよなく愛され続けてきた。木陰で一休みし、最高の姿を見せる盆栽を堪能しよう!

法隆寺 西院伽藍

法隆寺 西院伽藍は、仏教を学ぶ学問所として、607(推古15)年に聖徳太子(574-622)が造営したものである。国の秩序と平和を維持するために仏教を広め、その実践者である僧侶を教育するための法隆寺建立は、仏教国としての日本の黎明を告げる一大プロジェクトだったのである。

銀座歌舞伎座、桟敷席の一夜

歌舞伎の大殿堂、銀座歌舞伎座。3年間の改装工事を終え1年前に新装オープンした。桟敷席では食事をしながら歌舞伎を堪能できる。一生に一度の贅沢が、たった2,000円の追加で楽しめる銀座歌舞伎座、あなたも如何だろうか?

霊験あらたか 長谷観音

奈良:源氏物語にも登場する長谷の観音は、霊験あらたか。1000年前の平安貴族は、その現世利益にすがろうと、京から初瀬まで足しげく参詣の旅をした。

京都嵯峨鳥居本を歩く~1

嵯峨鳥居本は、京都市右京区の西部、小倉山の北ふもとから清滝付近にかけての地域の名称である。愛宕山神社の参詣道のふもとにあたり、その一の鳥居付近に門前町として集落が形成され、それに付いた地名である。