検索結果:78件

京都 祇園八朔(ぎおんはっさく)

8月1日といえば、京都祇園では特別な日だ。八朔(はっさく)とは旧暦の八月朔日の略で、朔日は1日のことだ。祇園八朔 は、沢山の芸子(京都での芸者の呼び名)や舞妓たちの姿を、芸者で名高い京都で見られる千載一遇のチャンスなのだ。蒸し暑い夏の最中、芸子たちは祇園一帯を練り歩き、日頃から世話になっているお茶屋さんに挨拶回りをしながら、感謝の意を込めささやかな贈り物をする。

銀座歌舞伎座、桟敷席の一夜

歌舞伎の大殿堂、銀座歌舞伎座。3年間の改装工事を終え1年前に新装オープンした。桟敷席では食事をしながら歌舞伎を堪能できる。一生に一度の贅沢が、たった2,000円の追加で楽しめる銀座歌舞伎座、あなたも如何だろうか?

京都嵯峨鳥居本を歩く~1

嵯峨鳥居本は、京都市右京区の西部、小倉山の北ふもとから清滝付近にかけての地域の名称である。愛宕山神社の参詣道のふもとにあたり、その一の鳥居付近に門前町として集落が形成され、それに付いた地名である。

霊験あらたか 長谷観音

奈良:源氏物語にも登場する長谷の観音は、霊験あらたか。1000年前の平安貴族は、その現世利益にすがろうと、京から初瀬まで足しげく参詣の旅をした。

京都 二条城・和楽庵

世界遺産・二条城の庭園の一つ・清流園に、和楽庵というお茶室がある。清流園のこの一角の庭は大変に美しいが、お抹茶を注文しなければ入れない。手入れの行き届いた庭を見ながら、ゆったりとお茶をいただく午後のひととき。ツアーの観光客が入ってくることはないので、込み合うこともない。お抹茶とお菓子で700円。