福井・三国のナポリ・ピッツェリア「バードランド」

全国屈指の名店

Shozo Fujii   2013/10/13によって

福井県・三国は東尋坊の近くにある「バードランド」は、ナポリピッツァを供するピッツェリアである。

地元出身の小田原さんはコーヒー・紅茶の専門喫茶店としてこの店をスタートさせた。開店後数年経ったとき、偶然食したナポリ・ピッツァのあまりの美味しさに衝撃を受け単身イタリア・ナポリに渡る。そして現地のピッツェリア(ピザ専門店)2店舗でピッツァ作りの修行を6年積んだ。そのピッツァの噂はあっという間に県内はおろか他県にまで広まり、今では遠く関東からもこの「バードランド」目指して客が来る。

 どのピッツァも言うことなしの美味だが、とりわけ気に入っているのは、地元の近所の農家が栽培するルッコラとパルマ産生ハム「プロシュート」をたっぷり乗せた「カプレーゼ」である。

状況が許すときはワインを飲む。小田原シェフは実は素晴らしいワインを所有している。そして彼の人柄がさらにすばらしいのはほんの少ししか利益をワインに乗せていない点である。ヨーロッパのレストランと同じ姿勢だ。利益は料理で出すというポリシーである。ワインはサービスなのだ。

倍付けが普通にまかり通っている日本の一般のレストランは見習うべきだろう。

さて、ワインを口に含みながら小田原さんを見ると屈託のない笑顔が返ってくる。ピッツァはもちろんだがサイドメニューも充実している。サラダやスイーツ、パスタ、さらにアテに美味しいグリーンオリーブやサラミ、6年もののパルミジャーノ・レッジャーノなど食通を唸らせる美味がリクエストに応じて供される。これも「バードランド」の魅力であろう。ぜひ探訪を!

Shozo Fujiiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのパートナー

会話に参加する