福井

恐竜と禅の精神を知る

福井について

みどころ

食のおすすめ

福井・越前町 蕎麦屋「だいこん舎(や)」

福井・越前町 蕎麦屋「だいこん舎(や)」

陶芸家の工房や越前焼関連の施設が集まる「越前陶芸村」。広大な公園になっているのだが、その中央に蕎麦屋「だいこん舎(や)」がある。今年(2017)で開業19年目である。福井県産の蕎麦粉を自家製粉して使い十割蕎麦にして供する。器はもちろん越前焼だ。 福井の蕎麦事情について少々垣間見よう。 福井県は全国有数の蕎麦の産地である。2015年の都道府県別蕎麦生産量ランキングは1970t生産で堂々の4位だ。 蕎麦と一口に言っても日本全国各地で栽培品種が違う。福井の蕎麦は「福井在来種」だ。在来種のみの生産にこだ..

福井三国 フランス料理店 LULL(ラル)

福井三国 フランス料理店 LULL(ラル)

福井県坂井市三国町はかつて北前船交易で栄えた港町である。その交易の船主であり網元であった小松家がおよそ120年前に、宮大工に5年の歳月をかけて建てさせたのがこのレストランの建物である。1世紀の歳月はその建物に味わい深い趣を与えた。館の主、小松長生氏といえば、世界的指揮者である。氏はここを生家として育ったが、現在は生活の拠点を海外に移している。そこで空き家となっていたこの古民家を再生し、新しい感覚のフランス料理店に蘇らせようというプロジェクトが持ち上がり、2016年4月にLULLというレストランを..

遊食楽呑 かんきち福井下馬店

遊食楽呑 かんきち福井下馬店

新鮮魚介で有名な福井には海鮮居酒屋がたくさんある。そんな中でも獲れたての新鮮な魚介類が手頃な価格で楽しめるのがここ「遊食楽呑 かんきち」だ。 「かんきち」は福井県内に3軒あるが、唯一福井市内にあるのがこの下馬店で、国道8号線沿いという好立地のためか、いつ行っても混んでいる。市場でセリに参加できる「売買参加人」の資格を有するこの店では、毎朝市場で競り落とした新鮮な魚介を提供している。地元の清酒だけでなく全国の名酒、焼酎を取り揃え、デザート類も充実していて昼間から女子会を楽しむ女性客も多い。ランチ..

宿のおすすめ

オーベルジュ農家民宿「フジイフェルミエ」

オーベルジュ農家民宿「フジイフェルミエ」

こんにち、日本を旅して日本らしさを感じることができるのは、地方都市のしかも農漁村に分け入らないとほとんど難しい。観光地を巡るだけではどこも土産物屋が軒を連ね、数十分の滞在で「ほお!」とか「へえ!」とか感嘆して次に移動するというくらいだからである。旅の醍醐味はその土地に根付いている文化を肌で感じることだ。それにはそこに暮らす人々との交流があって初めて可能となる。それを成し遂げる方法の1つが農漁業体験だと思う。日本は縦に細長い国だからそれぞれに気候風土が異なり、それを反映する農漁業も個性がある。この..

ホテルまつや千千: 福井あわら温泉

ホテルまつや千千: 福井あわら温泉

あわら温泉のホテルまつや千千は、福井の温泉ホテルの中でも私のお気に入りの一つだ。なんといってもこのホテル、温泉大浴場が良い。ゴージャスで巨大、しかも女性には嬉しい必需品一式完備の広々した脱衣場がある。実はこの大浴場、北陸地方最大規模なのだ。道理で広いはずで、その上客室も広く清潔、価格も安いとくれば ( 1泊2食付で大人一人13000円~15000円程 )、気に入らない方がどうかしているだろう。 しかし今回この宿を訪れて私が最も感動したのは、温泉でもなく価格でもない、その卓越したサービスだった。..

福井「大江戸温泉物語 あわら」

福井「大江戸温泉物語 あわら」

江戸時代をコンセプトとして東京で創業された「大江戸温泉物語」。温泉テーマパークとして、低料金で気軽に温泉を楽しむことができる。「江戸」がコンセプトなので、江戸時代劇の大衆演劇はまさしくぴったりの興行だ。月ごとに入れ替わる演劇座の時代劇はいつの間にか引き込まれる楽しく実力のある劇と俳優たちである。この「あわら」は3年前に以前の温泉ホテルを買収、全面改装して再開した。贅沢な作りではないが、館内・庭園ともに手入れが行き届いてとても清潔感があふれている。東京の「大江戸温泉物語」は日帰りがメインで付加的に..

最新記事

「ベジフルツアー in 福井」

「ベジフルツアー in 福井」

旅の楽しみの一つはその土地ならではの美味を堪能することだ。冷蔵冷凍輸送技術が発達している今日、日本中どこに行っても同じ食材が手に入るから、いわゆる「食の地方色」というのは本当に希薄になってきた。しかし、それでも「地野菜」に代表される地物を守っている生産者が全国津々浦々に健在なことは、食のナビゲーターを自任する筆者にとっては嬉しい限りである。 さて、福井に旅靴を向ける旅人にぜひお勧めしたい「福井の地物」を味わえるトピックがある。「ベジフルツアー in 福井」と名付けられたこのイベントは、福井の地野..

蔵のある村を歩く~福井・越前坂口

蔵のある村を歩く~福井・越前坂口

越前海岸河野から金華山と矢良巣岳の間の谷間を縫うように延びる県道206号線をうねうねと登って行くと、程なくヒノキの森に囲まれて小さな集落が見えて来る。 越前市湯谷と表記される坂口地区。この地区は明治から昭和の中ごろまで長く林業で栄華を誇った村だ。日本が高度経済成長期に入り都市部で住宅建設ラッシュが起こりそれは東南アジア産の合板や北米産の安価な木材が支えることとなり、国産木材はその価格競争に敗れて衰退していった。この地区の林業もその例外ではない。 日本の里山の暮らしが残されている坂口地区を歩く。往..

かずら橋 福井・池田町

かずら橋 福井・池田町

福井県今立郡池田町は、山あいに田畑が広がる農村地帯である。その町はずれを流れる足羽川に小さな吊り橋がかかっている。「かずら橋」と言う。同地に昭和初期まで架かっていた吊り橋を1989年に再現したものだ。吊り橋再現にあたり、徳島県祖谷から職人を招聘した。全長44m。かずらとはシラクチカズラというつる草で、もちろんそれだけでは切れて事故が起こる危険性があるので鋼鉄のワイヤーが主構造となって、かずらがそれに巻きつけられている。しかし、複数の人が同時に渡るときは結構揺れる。さらに、橋の踏み板は隙間が不揃い..

閉じる

About fukui

沖縄 長崎 福岡 佐賀 熊本 鹿児島 宮崎 大分 愛媛 高知 徳島 香川 山口 広島 岡山 鳥取 島根 兵庫 京都 大阪 和歌山 奈良 滋賀 三重 福井 石川 富山 岐阜 愛知 長野 静岡 新潟 山梨 神奈川 東京 埼玉 群馬 栃木 千葉 茨城 福島 宮城 山形 岩手 秋田 青森 北海道
閉じる